がらくたん

がらくたんです。個人的に好きな音楽や漫画、スポーツなど趣味をベースに、ガラクタ情報をまとめています。

    カテゴリ:気になるニュース(NEWS) > オカルトな


    アマゾンで異例の事態 生い茂るジャングルからザトウクジラを発見 - livedoor
    アマゾンの生い茂るマングローブの間からザトウクジラが発見されるという極めて異例の事態が報告されています。ジャングルの中でクジラが死んでいるだけでも奇妙ですが、 ...
    (出典:livedoor)


    ザトウクジラ(座頭鯨・学名Megaptera novaeangliae )はクジラ目ヒゲクジラ亜目ナガスクジラ科に属するヒゲクジラの一種。 個体数の減少から1966年に商業捕鯨が禁止されている。 標準的な個体では体長約11 - 14m、体重30tほどの中型だが、時にはそれ以上、とくに南半球では最大級
    17キロバイト (2,188 語) - 2018年12月19日 (水) 02:28



    (出典 www.visitogasawara.com)


    ほう。

    1 記憶たどり。 ★ :2019/03/10(日) 10:15:05.01

    https://www.sankei.com/world/amp/190308/wor1903080002-a.html

    ブラジル北部アマゾン川河口のジャングルで2月下旬、大きなクジラの死骸が見つかった。
    密林に似つかわしくない海の巨大ほ乳類の姿は世界に打電され、「アマゾンのミステリー」と伝えられた。
    見つかったのは、「ブリーチング」と呼ばれる大きなジャンプをし、「歌」を歌うことでも知られるザトウクジラ。
    個体数が減り、国際捕鯨委員会(IWC)は商業捕鯨のための捕獲を一時的に禁止している。
    専門家の話では、近年の生態環境の著しい変化が背景にあるという。ミステリーを解く鍵は、死骸に刻まれていた。

    ■体長8メートル、推定年齢は1歳

    ザトウクジラの死骸は、アマゾン川河口のマラジョ島で発見された。上空をおびただしい数のハゲワシが
    飛び回っているのに地元の人々が気づき、近づいてみると、岸辺から約15メートル離れたマングローブの茂みに
    引っかかるような形で死骸が横たわっていたという。

    体長は8メートルほどで、死後数日が経過。推定年齢はおよそ1歳と若く、大人のザトウクジラの半分の大きさだった。
    現場で解剖を行った生物学者たちは肉片などのサンプルを持ち帰り、死因などの解明を行うという。

    ブラジルメディアなどによると、この時期、アマゾン川河口は大西洋からの高潮が際立ち、マングローブの密林も一帯が海水で覆い尽くされる。

    同島で野生動物の保護活動を行っているNGO「ビチョ・ダグア」は「海洋で浮遊したザトウクジラの死骸が、
    潮流によってマングローブの森まで流れ着いたのではないか」と推測。同NGOのレナータ・エミン代表は、
    「われわれは情報を集め、死骸に残った特徴をまじえ、漁網に引っかかったのか、船に衝突したのかを調べたい」と語った。

    19世紀から20世紀にかけての乱獲で、世界の海洋でザトウクジラの個体数は激減した。IWCは1982年にザトウクジラを含む大型鯨類の商業捕鯨モラトリアム(一時停止)を決めた。

    ■最大の疑問は発見場所

    生物学者を最も驚かせたのは、ザトウクジラの死骸が見つかったのが赤道直下のブラジル北部だったことだ。
    エミン代表は地元紙に対し、「最大の疑問は、なぜ2月に、ブラジル北部の海域にザトウクジラがいるのかということ。
    これはめったにないことなのです」と答えた。

    現在、大西洋には数万頭のザトウクジラが生息していると算出されている。1年を通じ、北から南にかけて数千キロを回遊。
    この時期には通常なら、アマゾン川河口付近から約5500キロ南方にある南極海に近い海域の餌場に集まっているという。

    謎に包まれたザトウクジラの死骸。本来ならいるはずもないところでの発見は、ザトウクジラを取り巻く生態環境が
    急激に変わってきたことを示唆している。

    鯨類研究の専門家である下関海洋科学アカデミー鯨類研究室の石川創室長は、報道などの情報をまじえ、
    「このザトウクジラは親から離乳した直後の若いクジラであり、親と別れてすぐに*だ可能性がある」と推測した。


    (出典 www.sankei.com)


    【【謎】アマゾン密林で発見されたザトウクジラの「ミステリー」】の続きを読む


    「悪魔のおにぎり」 120万個完売の破壊力 - 日本経済新聞
    コンビニエンスストアは巨大な胃袋になった。一介の現場社員たちの発案と執念が、原材料の相場や市場シェアに影響を与えるほどのヒット商品を生みだす。若い人々はこの ...
    (出典:日本経済新聞)



    (出典 souzouryoku.com)


    ほう。

    1 日本人 ★ :2019/02/19(火) 22:22:18.07

    https://www.bbc.com/japanese/46888172
    スペイン中部のセゴヴィアで設置が計画されていたサタン(キリスト教の悪魔)の銅像をめぐり、見た目が「陽気すぎる」として批判の声が広がった。

    この地域には、美しい娘にだまされたサタンが巨大な水道橋(世界遺産に登録されている橋で、通称「サタンの橋」)を一夜にして造ったという伝説があり、この銅像はその悪魔を記念したもの。
    ところが市民たちは、笑顔でスマートフォンでセルフィー(自撮り)をしているサタンの銅像はフレンドリー過ぎると訴えた。

    市の人口の10%余りにあたる5400人が、銅像の設置取り消しを求める請願書に署名をした。
    同請願書は、スマートフォンを手にするなどサタンが「陽気に」表現されていることから、「悪をあがめている」、「カトリック教徒にとって侮辱的」だとしている。

    また、サタンは「ひどく不快で卑劣」な存在であり、「この銅像のような悪意のない『温厚な悪魔』のように、思いやりがあり魅力的」であってはならないとしている。

    米紙ニューヨーク・タイムズによると、その後裁判所がカトリック教徒の訴えを退け、銅像の設置が認められた。

    オンラインメディアのパンテオンズは、設置から2日後にこの像はカトリック教徒に盗まれたと報じている。同報道によると、数時間後に見つかった銅像は顔の部分が破壊され、幼子イエスの顔にすり替えられていた。

    サタンの銅像をめぐる騒動は、この銅像を制作した元医師ホセ・アントニオ・アベリャ氏を驚かせた。
    アベリャ氏は、「このサタンの伝説は人気で、セゴヴィアの子供たちも学校で教えられる。そうした伝説を記念する銅像に人々が猛烈に反対するなんて信じがたいことだ」と述べた。

    「この像への支払いは受けていない。お金のためではなく、この街への個人的な敬意を表すものとして制作した。私がどんな気持ちでいるか分かるでしょう」
    クラウディア・デ・サントス市会議員も抗議活動は「不当で、失望させるものだ」としている。
    サントス氏はスペイン紙エル・パイスに対し、銅像の設置が計画通り進むよう確約できるように努力すると述べた。

    (出典 i.imgur.com)


    【「陽気過ぎる」悪魔像、キリスト教徒から批判相次ぐ(2ch)】の続きを読む


    「私ほど辛く悲しい人生はまたとあるまい」陰謀・孤立・愛妻の死! 幼い娘と暮らす家も焼け……不幸の中で独自の悟りを得たある皇子の半生~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女 - ニフティニュース
    俗人ながら心は僧侶” 主人公が目指す理想の生き方世間からもてはやされながらも「自分の父は光源氏ではない」と出生の秘密を感じつつ生きる貴公子・薫。彼が求めるの ...
    (出典:ニフティニュース)


    ライハウス陰謀事件(1683年) ヴェッシェレーニ陰謀(17世紀) アタベリー陰謀事件(1722年) ミナスの陰謀(1789年に発覚したブラジル独立のための陰謀) 仕立屋の陰謀(1798年) トマス・ハインズ#北西部陰謀(1864年) 朝鮮陰謀事件(105人事件)(1910年) 右翼トロツキスト陰謀事件(陰謀のでっちあげ。1938年)
    16キロバイト (2,348 語) - 2018年11月30日 (金) 22:31



    (出典 cdn1.img.jp.sputniknews.com)


    ほう。

    1 みつを ★ :2019/02/19(火) 03:32:42.66

    https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-47275005

    【寄稿】 陰謀論――なぜこれほど大勢が信じるのか
    2019/02/18 9時間前

    ジェイムズ・ティリー、英オックスフォード大学政治学教授
    (文中敬称略)

    ヒラリー・クリントンはワシントンのピザ店を拠点に、世界的な児童人身売買シンジケートを指揮していたのか? いいえ。

    ジョージ・W・ブッシュは2001年に、ニューヨークのツインタワー(世界貿易センター)を破壊して数千人を殺害する計画の中心にいたのか? これも、いいえだ。

    ならば、なぜ大勢がそうだったと信じているのか。私たちがどうやって世界を見ているかについて、陰謀論から何が分かるだろう。

    陰謀論は決して新しい現象ではない。「American Conspiracy Theories(アメリカの陰謀論)」などの著作がある米マイアミ大学のジョー・ウシンスキー教授は、少なくとも100年前から常に社会の後ろの方で、通奏低音のようにして響いていたと言う。

    陰謀論はもし*ると、あなたが思っているより多様で幅広い。

    「誰でも少なくともひとつは、陰謀論を信じている。もし*るといくつかは信じているかもしれない」と、ウシンスキー氏は言う。「理由は簡単だ。世間には限りなく膨大な数の陰謀論が出回っている。その全てについて、信じているかどうかアンケートをすれば、誰でも『はい』と答えるものがいくつかあるはずだ」。

    これはアメリカに限ったことではない。2015年には英ケンブリッジ大学の調査で、わずか5つの陰謀論についてアンケートをとったところ、ほとんどのイギリス人がどれかについて「信じている」と答えた。例として使われた陰謀論は、「世界を支配する秘密結社が実は存在している」とか、「人類は実はすでに異星人と接触している」などの内容だった。

    つまり、ありがちなイメージとは異なり、典型的な陰謀論者というのは決して、アルミ箔の帽子をかぶり母親の家の地下室で暮らす独身中年男ではないのだ。

    「実際に人口統計データを見ると、陰謀論を信じる人というのは、社会的な階級や性別や年齢を問わず存在することが分かる」と、ロンドン大学ゴールドスミス・コレッジのクリス・フレンチ教授(心理学)は言う。

    同じように、左派だろうが右派だろうが、世の中には自分を陥れようとする陰謀が存在すると信じる確率は変わらない。
    「陰謀論的な考え方をしやすいという意味では、右も左も変わらない」と、ウシンスキー教授はアメリカの状況について話す。

    「ブッシュがツインタワーを破壊したと信じる人はほとんどが民主党支持者で、オバマが出生証明書を偽装したと信じた人はほとんどが共和党支持者だった。その割合は、どちらの党もほぼ同じだった」

    有名な陰謀論と反証

    ・アメリカの月面着陸が捏造(ねつぞう)だという説については、詳細な検証と反論がされている

    ・ナチス・ドイツの戦争犯罪者ルドルフ・ヘスが刑務所で別人と入れ替わったという説は、遠縁の男性が提供したDNAによって反証された

    ・人気者が実はすでに死亡しクローンに入れ替わっているという説はたくさんあり、ポール・マッカートニーやビヨンセ、アヴリル・ラヴィーンについても言われたことがある

    ・なぞめいた秘密結社イルミナティが世界を支配しているという話は諸説あり、色々な著名人や政治家が結社のメンバーだと言われがちだ
    (リンク先に続きあり)


    【【陰謀論】米月面着陸、イルミナティ、有名人のクローン説、、、なぜこれほど大勢が信じるのか BBC(2ch)】の続きを読む

    このページのトップヘ