がらくたん

がらくたんです。個人的に好きな音楽や漫画、スポーツなど趣味をベースに、ガラクタ情報をまとめています。


    山口真帆 経歴に「NGT」なし - ニフティニュース
    山口真帆がTOKYO FMの番組でNGT48卒業後初となるメディア出演を果たした 山口は再始動を祝って花束を渡されると「ありがとうございます」と笑いながら答えた その後、 ...
    (出典:ニフティニュース)


    山口 真帆(やまぐち まほ、1995年9月17日 - )は、日本のタレントであり、アイドルグループNGT48の元メンバー。愛称はまほほん。青森県出身。研音所属。身長161cm。血液型はO型。 2015年 7月25日、NGT48第1期生オーディション最終審査に合格。8月21日に新潟市歴史博物館で開催
    17キロバイト (2,225 語) - 2019年8月27日 (火) 14:53



    (出典 fc.yamaguchimaho.com)


    まじか?

    1 ブリティッシュショート ★ :2019/08/29(木) 00:20:59.35 ID:91lI06yg9.net

    今年初めに日本中を騒がせた、あのアイドルグループをめぐる騒動が、新たな展開をみせ始めようとしている――。 

    1月、アイドルグループNGT48メンバーの山口真帆が自身の暴行被害をSNS上で告発したことが発端となり、

    メンバー間の確執や一部メンバーとファンとの交際疑惑が取り沙汰される事態に発展。

    これを受けNGT48の運営元AKSは3月、暴行事件に関する第三者委員会の報告書を発表し記者会見を開いたが、

    その会見内でまたもや“事件”が起きた。

     会見に出席した松村匠取締役(当時)らは、暴行事件へのメンバーの関与はなかったものの、
    42名中12名が一部のファンと“つながり”を持っていたと報告し、その責任は運営体制の不備にあったとして、
    当該メンバーへの処分等は行わないと説明した。

    これを受け山口は、会見が行われている時間帯に、自身のTwitter上で次のように投稿した。

    「なんで嘘ばかりつくんでしょうか。本当に悲しい」

    「報告書に記載もないのに繋がりには挨拶も含まれるというのは勝手な解釈です。他のファンには公表できないような、

    特定のファンとの私的交流を繋がりというのはメンバーのみならずファンの皆さんも認識していると思います。
    証拠がないとおっしゃっていますが、犯人グループとの交際を認めたメンバーもいます」

    会見でこの山口の投稿について質問を受けた松村氏は、「(会見での発言について)訂正させていただきます」
    「私の勘違いでした」などと発言し、運営元と山口の間の不信が露呈した格好となった。

    その後、山口はNGTを卒業し、5月からは数多くの人気俳優を擁する大手芸能事務所「研音」に所属。
    9月には初の写真集が発売されることも決定し、今月にはNGT卒業後としては初となるメディア生出演を果たすなど順調な活動ぶりをみせている。

    そんな山口が、実はNGT所属当時にファンとつながっていたという吉成夏子・AKS社長の発言を、8月27日付「文春オンライン」が伝えている。
    AKSはすでに山口に暴行を加えたとされる男性ファンらを民事提訴しているが、「文春」記事によれば、この男性ファンはAKSに対し「もともとつながっていたのは山口さんです」
    などと証言していると、吉成社長はNGTメンバーの保護者に説明しているという。

    もし事実であれば、これまでの山口の主張が根底から崩れることになるが、週刊誌記者は語る。

    「一連の騒動のなかで引っかかっていたのは、山口がファンと交際していると批判しているメンバーについて、
    執拗に運営元に対してクビにすることを要求する一方、“つながっている”ことを示す根拠を示していないことでした。

    山口は3月のAKSの会見中にも『松村匠取締役は<繋がっているメンバーを全員解雇する>と私に約束しました。

    その為の第三者委員会だと、私も今までずっと耐えてきました』とツイートするなど、彼女たちを辞めさせることに異様なほどこだわっていました。

    そのため、取材した関係者の間からは、『結局、山口は敵対するメンバーを追い出したいだけ』という声も多く聞かれました」

    また、芸能事務所関係者は語る。

    「メンバーへの聞き取りを含めて徹底的に内部調査を済ませたAKSが、犯人とみられる男性らを提訴しているということは、
    裁判を通じてすべての事実が公になっても構わない、もっといえば、そのほうが好都合だという自信の表れです。

    AKSとしては、この裁判を利用して、好き放題に運営元への批判を展開してきた山口に一泡吹かせてやろうというくらい考えていても、おかしくはないでしょう。

    もっとも、この期に及んでAKSがNGTメンバーの保護者たちに虚偽の説明をしているとは考えにくく、
    もし本当に山口がファンと交際をしていたことが裁判で明らかになれば、山口は一気に奈落の底に突き落とされ、芸能活動の継続は難しくなるでしょう」
    https://biz-journal.jp/2019/08/post_116298.html

    【文春】音声公開「犯人が繋がっていたのは山口真帆」 AKS吉成夏子社長が暴露したNGT48暴行事件の内幕★9
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566965049/

    前スレ
    【芸能】元NGT山口真帆、ファンと “つながり” 疑惑浮上・事務所関係者 「ファンと交際していたなら芸能活動の継続は難しくなる」★2
    https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1566996853/


    【【元NGT山口真帆】ファンと “つながり” 疑惑浮上?事務所関係者 「ファンと交際していたなら芸能活動の継続は難しくなる」】の続きを読む


    「怖いわ」から一転「楽しそう」 会社の謎の風習を目撃した入社5年の男性 - ニコニコニュース
    勤続年数が5年や10年になると、会社によっては『リフレッシュ休暇』が取れたり『金一封』がもらえたりすることがあります。しかし、中には変わったお祝いをする会社もあるよう ...
    (出典:ニコニコニュース)


    風習(ふうしゅう、custom)とは、土地ごとに存在する社会生活上のならわしやしきたりのこと。風俗習慣。行為伝承のひとつ。地理、歴史、その地域の産業の違いによって顕在化し人々の行動や思考パターンに影響を与える。学術的には歴史学、民俗学の研究対象とされることが多い。 風習
    2キロバイト (304 語) - 2016年4月26日 (火) 02:53



    (出典 zatsugaku-mystery.com)


    ほう。

    1 奥さまは名無しさん :2019/03/30(土) 09:47:12.75 ID:cVsLqvP+.net

    前スレ
    海外ドラマに見る日本との風習・文化の違い19
    https://egg.5ch.net/test/read.cgi/tv2/1548250209/


    【海外ドラマに見る日本との風習・文化の違いを語る】の続きを読む


    第5世代移動通信システム (5Gからのリダイレクト)
    5th Generation, 「5G」(ごジー、ファイブジー)と略記される。1G、2G、3G、4Gに続く無線通信システムである。 3G時代から移動体通信の標準化を行っていた3GPPではRelease 15以降に5Gの仕様を含めている。 Release
    13キロバイト (1,978 語) - 2019年8月25日 (日) 12:22



    (出典 moneytimes.jp)


    ほう。

    1 風吹けば名無し :2019/08/29(木) 05:40:37.30 ID:8jIjhrQ+M.net

    「5G」という言葉を聞いたことがあるだろうか。
    現在、スマホなどで使用している第4世代(4G)の電波と比べ、大容量のデータをより速く送受信できる第5世代の移動通信システムのことだ。
    次世代高速通信規格として、すでに米国と韓国ではサービス開始。日本でも来年春から本格的な商用サービスが始まる予定だ。

    この5Gの魅力は4Gの100倍という通信速度。
    たとえば2時間程度の映画をスマホにダウンロードする場合、現在、5分程度かかるものが、わずか3秒。
    また大量のデータを瞬時に必要とする車の自動運転の精度を高めることも期待されている。

    「メリットばかりが宣伝されている5Gですが、じつは大きな問題があります。使用している電波の波長が4Gより短く、電波が短い距離しか届かない。
    スマホの電波として使用するには、小型基地アンテナを20~100メートル置きに設置しないと実用化できません(現在の4Gは2~3キロに1基)。
    生活空間のいたるところにアンテナが隙間なく設置されることになり、つねに電磁波に照射される。人体に与える電磁波の影響は10倍ともいわれているんです」

    そう警鐘を鳴らすのは医療・環境ジャーナリストの船瀬俊介さん。じつは欧米では、船瀬さんの危惧するような事例が相次いで報告されている。

    【1】297羽のムクドリが突然死

    昨年10月、オランダ・ハーグで駅前に設置した5Gのアンテナ塔から実験電波を飛ばしたところ、隣接する公園の木の枝に止まっていたムクドリが次々に墜落し、297羽が突然死した。

    「鳥を解剖したが、伝染病といった疾患は見つからず、5Gのマイクロ波が鳥たちの心臓を止めたということでしょう」(船瀬さん・以下同)

    【2】消防士が頭痛、不眠に

    米国サクラメントの消防署では近くに5Gの基地局が設置されて以来、複数の消防士が頭痛や不眠に悩むようになった。

    「彼らは別の消防署に異動したところ、症状が治まったそうです」
    【3】ベルギーでは5G導入中止
    ベルギーではもともと電磁波に対して厳しい基準が設けられており、現行のままでは5G導入ができないことから、
    携帯会社から規制緩和を求められていたが、環境大臣がその要請を却下。5G導入は事実上、不可能になった。

    新たな電磁波の普及を前に「5G反対同盟」を結成した船瀬さんはこう語る。

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190828-00010002-jisin-soci


    【海外では規制も!?5Gの電波で「トリ」が大量死!か?】の続きを読む

    このページのトップヘ